wordkobaの日記

考えた事、気づいたことを書き残します。

経営をしよう

ネットメディア事業を起動に乗せるにはどうしたらいいのでしょうか。 広告収入を取る以上、ユーザーにとって良いコンテンツを用意しないといけません。 つまり、記事を書いてもらわないといけないわけです。 そこで、検索エンジンからの流入でアクセスを取るために記事を外注化しようと思います。

記事の外注化

記事の外注化が良い理由ですが、自分で記事を書いていくと、 時間に対してのコストが曖昧になります。 でも、記事をお金を払って書いてもらうと、コストと品質が担保されるわけです。 だから、業者選びが本当に重要だと思います。

・キーワード選定
・記事タイトルと見出しの作成
・記事執筆
・記事の校正

・記事をワードプレスブログに投稿する

記事作成してくれる業者はどこがいい?

「記事作成」というキーワードで検索していきます。 記事作成と検索するとたくさんの業者が出てきます。

でも、記事作成といっても本当に幅広く 簡単には業者を選ぶことはできないと思う。

安い業者から高い業者まで様々ですが、

記事代金の予算をまず考えた方がいいでしょう。

クラウドソーシングを利用するというのは、安くコストを制限できるかな。

1ヶ月に5万円のコストを考えるのか、更新型のサイトの場合毎月いくらコストを用意するのか。 計画がとても重要になってくると思う。

そして、記事数に比例して収益が上がればいいのですが、

記事を書いたからといってすぐに急激になるわけではないんですよね。

ある程度資金計画がないとメディアを継続することは厳しい現実があるんですよね。

もちろん、広告を打って一気に流入を増やす、そしてリピートユーザーを狙うとゆうや戦い方もあるんでしょう。

だから、サイト構成と戦略が伴っていないと業者選びも難しくなります。

定期的に記事を構成しているのか完結型の記事にするのか、どのジャンルを狙うのか、どのくらいの規模のサイトを作るのか考えることがたくさんあると思います。

経営の原理原則としてテストマーケティングというのはとても重要だと思うので、

参入するジャンルを決め30記事のサイト更新でない完了形のメディアを構築するというのが良いと思います。